2006年04月29日

魂の入った言葉を話そう

久々にライブを見てきました。

安藤裕子「Live "Merry Andrew"」@SHIBUYA-AX

安藤裕子さんは以前に番組にゲストで来ていただいて、
そんなことを思い出しながらライブを見てました。
直接お話をした時に「子供のときに雪女ごっこをした」って
おっしゃっていたのが、インパクト大で覚えています(笑)

彼女の歌い方は、きっとすごい声量があるんだろうなぁ。
時にその声を最大限に生かしたり、時にわざとかわいい声にしたりして
幅広い感じの歌を聞かせてくれるのが好きです。
詳しくは彼女のCDで聞いてみてほしいです。アルバムおすすめですよ。

Merry Andrew

で見ていて思ったのは、魂をこめた歌い方をするんだなってこと。
もちろんプロのアーティストの方はみんなそうなんだけど、うわべだけで
物を表現したり事を伝えようとしても、それは届かないんだなって。
どんなにキレイに描いても歌っても話しても、心が入ってないと虚無なもの。
自分はどうなのかなぁって思わされる時間でした。

うちの事務所の社長から前に「人間にとって言葉は言霊である」と
聞いたことがあります。言霊じゃない言葉は、「発声」でしかないのかも。

言霊、言葉に込められた魂。
言葉で物事を伝える人間として、一言一言に魂を込めていきたいと思います。


あ、まじめになっちゃった(笑)
安藤裕子さん、年末にもライブやるそうです。行かなくちゃ。

安藤裕子オフィシャルサイト「Andrew Page」
posted by Tsubock at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。